「緊急開催!変わる!高校就職研究会」開催のお知らせ

~「高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム報告~高等学校卒業者の就職慣行の在り方等について~」を読み解く~

この度、学生及び早活人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、「未来を生きる若者のために、大人が知る・考えるセミナー」第4弾として、2020年3月5日(木)19時から、TKP新橋カンファレンスセンターにおいて、「緊急開催!変わる!高校就職研究会」を開催いたします。但し、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、本セミナーの開催を延期または中止する場合があり、それらの場合は改めてご案内をいたします。

本セミナーでは、2020年2月10日付で、文部科学省・厚生労働省が設置した就職問題検討会議ワーキングチームが「高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム報告~高等学校卒業者の就職慣行の在り方等について~」を発表したことを受けて、当団体の代表理事である古屋による同報告書のポイントの解説、高校就職に関わる学校教師や民間事業者など(※ゲスト調整中)によるパネル・ディスカッション、また、早活人材による感想討論を通じて、今後どのように高校就職が変わっていくのか、高校就職が変わっていくべきなのかについて議論を深めます。

なお、同報告書では、最初の応募段階から複数社に申し込めるように見直したり、高校やハローワーク経由以外での民間事業者を通じた情報収集や就職活動について周知したりするなど生徒の選択肢を増やすための検討を促しています。

当団体は、2018年9月13日に設立、同年10月1日より本格的に活動を開始し、キャリアを選択する力の育成を通じて、未来を生きる若者全てが安心・納得して働き、その意欲や能力を十分に発揮できる社会の実現を目指しています。

[1] 非大卒人材とも言われ、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

 

【イベント概要】
イベント名  未来を生きる若者のために、大人が知る・考えるセミナー vol.4
       「緊急開催!変わる!高校就職研究会」
主   催  一般社団法人スクール・トゥ・ワーク
日   時  2020年3月5日(木)19:00~20:40
開催場所   TKP新橋カンファレンスセンター
       (東京都千代田区内幸町1丁目3-1幸ビルディング)
参加料金   無料
内   容
 本セミナーでは、2020年2月10日付で、文部科学省・厚生労働省が設置した就職問題検討会議ワーキングチームが「高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム報告~高等学校卒業者の就職慣行の在り方等について~」を発表したことを受けて、当団体の代表理事である古屋による同報告書のポイントの解説、高校就職に関わる学校教師や民間事業者など(※ゲスト調整中)によるパネル・ディスカッション、また、早活人材による感想討論を通じて、今後どのように高校就職が変わっていくのか、高校就職が変わっていくべきなのかについて議論を深めます。
タイムスケジュール
 18:40~19:00 開  場
 19:00~19:20 一般社団法人スクール・トゥ・ワーク 代表理事 古屋 星斗
          「高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム報告
           ~高等学校卒業者の就職慣行の在り方等について~」ポイント解説
 19:20~19:50 有識者によるパネル・ディスカッション
          「今後どのように高校就職が変わっていくのか、高校就職が変わっていくべきなのか」
          ※  ファシリテーター:古屋 星斗 パネリスト:後述のとおり。1名ゲスト調整中。
 19:50~20:20 早活人材による感想討論
          「早活人材は今回の報告書をこう見た、こう感じた」
 20:20~20:40  交流会
備   考
 参加者の皆様には、新型コロナウイルスをはじめとする感染症予防のため、本セミナー入場時にマスク着用及びアルコール消毒液での予防のご協力をお願いいたします。また、セキや発熱等の症状がある参加者は、本セミナーへの参加をご自粛ください。
 今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、本セミナーの開催を延期または中止する場合があり、それらの場合は改めてご案内をいたします。

 

【古屋 星斗の経歴】

古屋 星斗

古屋 星斗
一般社団法人スクール・トゥ・ワーク 代表理事
 1986年岐阜県多治見市生まれ。大学・大学院では教育社会学を専攻。経済産業省に入省し、産業人材政策、福島の復興、成長戦略の立案に従事。退職し、リクルートワークス研究所にて次世代の若者のキャリアづくりを研究する。

【パネリストご経歴】

佐々木 満秀

佐々木 満秀
株式会社ジンジブ 代表取締役
 高校卒業後、運送会社に就職。21歳でトラックを購入し個人事業での運送業を始める。23歳で求人広告会社に就職、営業部長を経て常務取締役に。
1998年、同社の倒産をきっかけに起業し、ピーアンドエフを創業。
2014年、株式会社ジンジブを設立。
2015年、高卒就職を支援するサイト、『ジョブドラフト』を開始。
自身の就職活動の原体験をきっかけに、高校生の将来の選択肢を拡げるため全国へ支援サービスを広げている。
 

新井 晋太郎

新井 晋太郎
公立高校地理歴史科教諭
 群馬県出身。2004年ハウス食品株式会社入社。量販店や食品商社への営業を担当し、2007年退社。私立高校教員、公立中学教員を経て、2016年より現職。高卒就職の現状に疑問を感じ、民間企業や一般社団法人、NPO等と広く連携し、職業人による出前授業や高校生インターンシップを積極的に実施。高校生が主体的な就職活動をするためのキャリア教育に取り組む。

プレスリリースファイル

当団体がヒアリング協力した文部科学省・厚生労働省就職問題検討会議ワーキングチームの報告書案が公表

「高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム報告

~高等学校卒業者の就職慣行の在り方等について~」

 

この度、学生及び早活人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)が2019年5月24日にヒアリング協力した高等学校就職問題検討会議ワーキングチームについて、2020年2月10日付で、文部科学省・厚生労働省「高等学校就職問題検討会議ワーキングチーム報告~高等学校卒業者の就職慣行の在り方等について~」として公表されました。

 同報告書では、最初の応募段階から複数社への申し込みを促す仕組みの導入の検討を提言、また、高校やハローワーク経由以外での民間事業者を通じた情報収集や就職活動について周知することを提起するなど、生徒の就職先の選択肢を増やすための検討を促しています。

 当団体は、2018年9月13日に設立、同年10月1日より本格的に活動を開始し、キャリアを選択する力の育成を通じて、未来を生きる若者全てが安心・納得して働き、その意欲や能力を十分に発揮できる社会の実現を目指しています。

[1] 非大卒人材とも言われ、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

2020年2月4日「若者の学歴格差に関する研究会」サマリーレポート

2020年2月4日19時~日比谷公園図書館小ホールにおいて、スクール・トゥ・ワークが主催する「若者の学歴格差に関する研究会」が開催されました。

傍聴者には新聞、テレビ、ウェブメディア等のメディア各社に加え、国会議員、行政関係者、民間企業も多数列席するなど関心の広がりを伺うことができます。

まず冒頭に、代表の古屋から本日の趣旨や発議がありました。

古屋からは、非大卒を「早活人材」と呼び始めた経緯や、就職時、就職後、そして失業後に残る学歴格差について話がありました。昨今、医学部入試で女性であるという理由だけで不当に減点されていた事柄を踏まえ、「私たちは知らぬ間に早活人材だからという理由だけで、点数をマイナスしてはいないか」と問いかけたのが印象的でした。

続いて、大阪大学吉川徹教授より講演が行われました。「大卒社会の危うさを考える」というテーマで、各種のデータを元にしてどういった分断が生じているのか、無意識に行われている政策的差別について語られました。

特に、「学歴は関係がない、と言ってしまうのは嘘である」という意見には当事者からも賛同の気持ちが寄せられていました。何が違うのか、という点を確認したうえで先に進まなくてはならない。そんなメッセージを感じました。

また、政策的には例えば「育休推進」は期せずして大卒ホワイトカラーにしか恩恵が無い政策となっている、“同類婚”により子どもを一人生むための時間的な支援が必要な大卒カップルと二人目三人目を生むための高卒カップルへは経済的な支援が必要であり全く異なる、など非常に気付きの多い内容となりました。

講演を踏まえ、吉川教授と早活人材3名によるパネルディスカッションが行われました。

森川剛さん、渡邊健斗さん、工藤理世菜さんの3名がパネラーとなり、普段交わることのない大学教授とのディスカッションです。3名の実体験をもとに、学歴に対するそれぞれの思いや、この社会がどう変わったら大卒至上社会ではなくなるか、といった話がされました。

森川剛さんからは、キャリアコンサルタントの仕事をしていることから、『高校生にキャリアの下地』をという提言。かつて高校卒業後に努めた会社を退職後、お笑い芸人をしていた異色の経歴もあり、相方は東京大学法学部卒だったそう。「出会ったときは、うわ東大か!と思いましたが話してみたら全然普通でした」という話が印象的でした。

渡邊健斗さんは高卒新卒求人サービス「ジョブドラフト」の営業主任。何と会社歴代最高額のセールスレコードを持っている21歳(!)にして同社の営業のエースだそうです。渡邊さんからは高卒の就職制度を踏まえて『ルールと時期』が変われば高卒者はもっと活躍できる、と提言。そんな健斗さんは、むしろ「高卒である自分」を最大限活かしている、という早活人材であることをとても前向きに捉えるお話があり、多くの来場者がうなずいていました。

工藤理世菜さんからは、『やりたい!をもっと声を大にして、認めあう』。大学中退後、普段は大学生・高校生に教育支援を行う団体のスタッフをしながらも、大好きだったカメラの仕事を「やりたい!」と周りに言っているうちに副業としてしまった工藤さんらしい提言です。互いの話に耳を傾け、大卒だから高卒だから、で判断せず個として尊重する。そんなメッセージを感じました。

最後に、吉川教授から『大人社会が早活人材をリスペクト』と提起。まさに私たちは知らないからリスペクトしていないだけ。知れば知るほど、特定の分野で素晴らしい知見のある方、地域の中核を担う方も多いのが早活人材。そんな社会の風潮こそが問題の本質であると指摘する鋭い提言になりました。

そして、会場を代表して、早活人材の支援事業を行う4社の企業からの感想共有と「明日から自社・自分ができること」の発表。

株式会社ジンジブ 佐々木代表取締役、株式会社前人未到 牛島代表取締役社長、株式会社Spark 永田代表取締役社長、株式会社ZERO TALENT 木村代表取締役、4名の各社トップからの熱いメッセージが発せられました。特にジンジブの佐々木代表から、自分自身が大卒ではないことや、起業家に高卒者が多いことを踏まえ、「社会全体が大卒化していくことに意味はなく、いろいろな人間が力を尽くすことができる社会にしていくことが一番大事」と語られていたことは、今回の会で得たことから私たちが目指す社会の姿を表しているように思いました。

その後のネットワーキングも大いに盛り上がり、終了後約1時間にわたって会話が絶えることはありませんでした。

スクール・トゥ・ワークでは早活人材のキャリア支援とともに、大卒者と比較して非常に世間の関心やデータの蓄積、議論の熟度が低いことをふまえ、情報発信や研究会の開催を継続してまいります。

 

撮影:工藤理世菜

「若者の学歴格差に関する研究会」開催のお知らせ

~ 若者の“学歴格差”をなくすために、今僕たちが知るべきこと ~

この度、学生及び早活人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、「未来を生きる若者のために、大人が知る・考えるセミナー」第3弾として、早活人材研究の第一人者である大阪大学大学院人間科学研究科の吉川  徹(きっかわ とおる)教授をお招きして、2020年2月4日(火)19時から、千代田区立図書館日比谷図書文化館スタジオプラス(小ホール)において、「若者の学歴格差に関する研究会」を開催いたします。

本セミナーでは、若者が減少していく社会において、20代の就業者のおよそ半数を占める早活人材のその仕事や生活、キャリア形成の実態・課題について、非大卒者・早活人材研究の第一人者である大阪大学大学院人間科学研究科の吉川教授をお招きし、最新の研究から高卒就職者に代表される早活人材の就業支援について議論を深めます。

当団体は、2018年9月13日に設立、同年10月1日より本格的に活動を開始し、キャリアを選択する力の育成を通じて、未来を生きる若者全てが安心・納得して働き、その意欲や能力を十分に発揮できる社会の実現を目指しています。

[1] 非大卒人材とも言われ、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

 

【イベント概要】
イベント名  未来を生きる若者のために、大人が知る・考えるセミナー vol.3
       「若者の学歴格差に関する研究会」
主   催  一般社団法人スクール・トゥ・ワーク
日   時  2020年2月4日(火)19:00~21:30
開催場所   千代田区立図書館日比谷図書文化館スタジオプラス(小ホール)
       (東京都千代田区日比谷公園1番4号)
       アクセス:東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3・B2出口より徒歩約5分
参加料金   無料
内   容
 20代の就業者のおよそ半数を占める早活人材(非大卒者)。若者が減少していく社会において、彼らは日本の宝とも言える存在です。しかし、その仕事や生活、キャリア形成の課題はまだまだ明らかになっているとは言えません。今回は、高卒就職者に代表される早活人材の就業支援について、大阪大学吉川徹教授のご講演等をもとに議論を深めます。
タイムスケジュール
 18:40~19:00 開  場
 19:00~19:10 一般社団法人スクール・トゥ・ワーク 代表理事 古屋 星斗 ご挨拶
 19:10~19:50 大阪大学大学院人間科学研究科 教授 吉川 徹  ご講演「大卒社会の危うさを考える」
 19:50~20:30 パネル・ディスカッション 吉川教授 × 早活人材
 20:30~20:50 高卒就職者支援企業による感想発表会
    (株式会社ジンジブ、株式会社Spark、株式会社ZERO TALENT、株式会社前人未到、株式会社NEW GATE(50音順))
 21:00~21:30 交流会

 

【吉川  徹 教授のご経歴】

吉川  徹 教授

吉川  徹(きっかわ とおる)
大阪大学大学院人間科学研究科 教授
一般社団法人スクール・トゥ・ワーク 顧問
 1966 年島根県生まれ。専門は計量社会学で、計量社会意識論、学歴社会論に関心 がある。静岡大学助教授、大阪大学准教授などをへて現職。著書に「学歴分断社会」、「日本の分断 切り離される非大卒若者(レッグス)たち」など。

 

【高卒就職者支援企業(五十音順)】

株式会社ジンジブ様

会 社 名:株式会社ジンジブ
住  所:東京都港区浜松町2丁目7−19KDX浜松町ビル5階
     TEL:03-5777-2679 FAX:03-6821-3278
代 表 者:代表取締役 佐々木 満秀
事業概要
 就職する高校生が学歴や偏見に捉われずに活躍できる社会創りのため、掲載数No.1の高校新卒求人メディア「ジョブドラフト」と国内最大級の合同企業説明会を運営しています。

 

株式会社ZERO TALENT様

会 社 名:株式会社ZERO TALENT
住  所:東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号渋谷道玄坂東急ビル1F
     TEL:03-6277-5026
代 表 者:代表取締役 木村 瑠人
事業概要
 非大卒(中卒・高卒・専門卒・短大卒・大学中退)でも学歴や職歴に関係なく、長期的な成長を見込める優良企業への就職を支援するサービスを提供しています。

 

 

株式会社前人未到様

会 社 名:株式会社前人未到
住  所:東京都港区六本木7-15-7新六本木ビル803(SENQ六本木)
     TEL:03-6384-5944
代 表 者:代表取締役社長 牛島  悟
事業概要
 キャリア新卒(中卒・高卒・専門卒など)の方々に向け、キャリアについて考えるきっかけを多方面から与える転職・就職支援サービスです。

 

 

株式会社Spark様

会 社 名:株式会社Spark
住  所:東京都渋谷区松濤1丁目5番3号オクシブビル5F
     TEL:03-6865-1327
代 表 者:代表取締役社長 永田 謙介
事業概要
 非大卒者の就活を支援する、新しい採用の扉です。「一括・大卒文化」に縛られず、非大卒者の選択肢と可能性を広げます。ITを通じた情報提供と校内説明会などリアルな出会いの場を創造します。

 

プレスリリースファイル

2021年度キャリア教育「授業」開催希望募集のお知らせ

この度、学生及び早活人材 に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、2021年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)に、当団体によるキャリア教育「授業」を開催したい学校、自治体や教育委員会など学校関係者様を募集いたしますので、お知らせいたします。

キャリア教育授業「BONANZA HELLO CAFE」の授業風景①

ご関心がある学校、自治体や教育委員会など学校関係者様は、当団体のホームページ (URL:https://bit.ly/2UdoFoN)の登録フォームよりご連絡をいただければと存じます。 改めて、当団体の事務局より、ご連絡をさせていただきます。

当団体では、2018 年9月に設立されて以来、「キャリアづくりを“自分ごと”にする」キャリア教育プログラムを開発しており、2020年度は、今まで埼玉県立川越工業高等学校(単位制による定時制)及び埼玉県立上尾高等学校(学年制による定時制)において、キャリア教育授業「BONANZA HELLO CAFE」を合計4回にわたり実施してまいりました。

キャリア教育授業「BONANZA HELLO CAFE」は、20歳前後の社会人として活躍して いる高校卒就職者の方々に、数人のグループに分かれた生徒たちから「職業インタビュー」 を行う形式で実施します。自身とバックグラウンドの似た若手社会人との対話を通じて、 生徒たちに数年後の具体的なイメージを持ってもらいながら、「どんな仕事に興味があるか」 「どんなことをしたいか」といったことから、「本当に学歴は関係ないのか」「苦労したことは」といった疑問まで様々なやりとりがなされます。授業の様子や感想などは当団体ホ ームページ(URL:https://bit.ly/2Xgqf84)をご覧ください。

多くの学校関係者様のご応募をお待ち申し上げております。

キャリア教育授業「BONANZA HELLO CAFE」の授業風景②

[1] 非大卒人材とも言われ、主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材