日本経済新聞「ヤンキー再生道場 第1回」掲載のお知らせ

2019年3月15日

この度、学生及び非大卒人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、2019年3月24日付日本経済新聞「ヤンキー再生道場 第1回」(URL:https://s.nikkei.com/2YhLTte)に、代表理事の古屋のコメントが掲載されましたので、お知らせいたします。
 
<記事の引用>
経済産業省出身で一般社団法人スクール・トゥ・ワークの代表理事を務める古屋星斗(32)は「現役世代の過半を占める非大卒者の力をどう生かすかは、日本の経済界全体が直面すべき課題だ」と指摘する。
 
 
 
[1] 主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材