埼玉県立上尾高等学校(学年制による定時制)で授業(第2回)を開催いたしました!

この度、学生及び非大卒人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、2019年6月6日(木)19時30分から、埼玉県立上尾高等学校(学年制による定時制)との企画で、キャリア教育授業「BONANZA HELLO CAFE」を開催いたしました。

今回は、キャリアを考えるきっかけを提供することをコンセプトに参加された生徒たちが少人数グループに分かれ、それぞれ講師に「仕事のインタビュー」を行う形式で実施しました。

上尾高校での第2回目となる授業であり、生徒たちが前回質問しきれなかったことを記入しており、この質問に対して講師が答えていく「質問に答えるコーナー」から始まりました。自己紹介の後、班に分かれての「職業人インタビュー」も実施しております。講師に来てくださった人たちは高校卒業後に就職し、過去にキャリアに悩みながらも、現在社会人として活躍されている方を呼び、自身の経験などを生徒さんの悩みと重ね合わせながら交流を深めていました。

講師と生徒たちの話は尽きることなく、にぎやかな雰囲気で行われた授業となり、授業の終了時刻を過ぎても話が途絶えませんでした。終了後も、立ち話を続ける姿がたくさん見られました。仕事の実際や、就職活動に関する質問から、「こんな話は初めてするんですが・・・」と言った将来の悩みについての打ち明け話や、「勉強しないといけないと思っているんだけど、何のためにするんだろう」といった会話も聞かれました。

以下に、授業後に行われた生徒からの感想文の一部と主催された先生のコメントをご紹介します。

 

<授業を受けた生徒たちが印象に残ったことや学んだことの一部>

・人生、なんとかなる。他人に流されないで、自分の意思でつき進む。

・目標を決めてやるのが「山登り型」キャリア。目標を決めず流れに身を任すことを「川下り型」キャリア。チャンスは普段の生活の中にふと現れる。

・いじめられていたけどやってみようという思いきりがあったおかげでちゃんと社会人になれた。いじめられたら自分自身に自信がもてなくなるのがふつうだけど工藤理世菜さんはそうならないのがすごいと思った。

・勉強をまったくしていなくて400人中398位になるくらいの頭の良さ。勉強しなくても先生の話を無視し、自分で社会に入ってやるという強い意思があったのでなんとかなっている。芸人をやっているときにすごいモテたおかげでファンがたくさんついてお金がなかった時もファンの人たちが半分くらい家賃をだしてくれた。森川剛さんはいろんなことをこの24歳で体験していてすごいなと思いました。やりたいことが無いのならなんでもやってみる。やりたいことが決まっているのならそのやりたいことができるための逆算をしていくことがいいこと。

・いじめられていてもやってみようと思いきりでいろんな良いことに出会えていい社会に入ることもできる。だから、閉じこもっていないで、失敗をおそれずに頑張ることが大切。

・人生をグラフに表してみて1つの観点からみるのではなく色々な観点から自分を見直すことが大切。

・いつもしないことや気にしていないことをやってみたらそれがチャンスに変わるかもしれないので少しの小さなことでもやってみる。挑戦してみることが大切。

・中学校までしか通っていなくても大学卒の人と同じところで働くことができる。

・キャパオーバーしてしまった時は自分の好きなことをする。ちゃんと病院に行って治すことが大切。自分の思っていることをなんでも話せる相手が必要。自分の中に思っていることを溜め込むことはよくないこと。

・自分に自信を持って生きていくことが大切。そうすると、楽しいことが増えていく。

・人とのつながりが大事。やりたいことをやること。人とのつながりの大切さ。

・どんなんでも就職できる。チャンスは必ずある。

・3名の方のこれまでのキャリアを聞く。今日学んだことは高校卒業からでも何でも出来るということ。

 

<先生コメント>
若手の社会人で仕事について本気で考えている講師の方々でした。生徒がこの機会をしっかり活かして、「ジブンゴト」にしてくれていたなという印象があり、ホッとしました。にぎやかなクラスでもあり、最初はどうなることかと思いながらお願いしていたので、どんな化学反応が起こるかなぁとドキドキしていましたが、想像以上でした。本当にありがとうございます。

 

今回の授業を通して、高校生一人ひとりがキャリアについて考えるきっかけになったかと思います。
今後も当団体では、当団体の掲げる「人生を変える授業、はじめます」という言葉にあるように、生徒たちにとって人生の記憶に長く残っていくような授業づくりを目指してまいります。

「BONANZA HELLO CAFE」とは?

BONANZA HELLO CAFEとは、「若者が若者に教える」キャリア教育授業です。若手社会人として活躍している非大卒人材を講師として呼び、生徒と講師それぞれが双方向のインタビュー形式で授業を展開し、生徒にキャリアを考えるきっかけを提供することを目指しています。

[1]主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

 

「What’s スクール・トゥ・ワーク? vol.12」開催のお知らせ

「What’s スクール・トゥ・ワーク」と題して、当団体の活動概要と活動の背景(問題意識)をご説明するイベントを、毎月第2週目の火曜日と第4週目の火曜日(火曜日が休日・祝日の場合は水曜日開催、イレギュラー開催の場合はご連絡をいたします。)の夜19時30分から20時30分までに定期的に開催いたします。

当団体の活動内容に少しでも興味がある方は、ぜひとも一度遊びにいらしていただければと思います。

【開催概要】
開催日時:2019年6月4日(火)19時30分~20時30分
開催場所:一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(株式会社スーツ内)
東京都千代田区九段南4丁目6番13号ニュー九段マンション301号
https://bit.ly/2QKmsMS
参 加 費:無料
※少人数での開催を想定しています(5名程度)

当日スケジュール
受付開始19:20~
1.スクール・トゥ・ワークの活動概要
2.スクール・トゥ・ワークの活動の背景(問題意識)
3.参加者とのディスカッション

埼玉県立上尾高等学校(学年制による定時制)で授業を開催いたしました!

この度、学生及び非大卒人材[1]に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、2019年5月16日(木)19時30分から、埼玉県立上尾高等学校(学年制による定時制)との企画で、キャリア教育授業「BONANZA HELLO CAFE」を開催いたしました。

今回は、キャリアを考えるきっかけを提供することをコンセプトに参加された生徒たちが少人数グループに分かれ、それぞれ講師に「仕事のインタビュー」を行う形式で実施しました。

講師に来てくださった人たちは高校卒業後に就職し、過去にキャリアに悩みながらも、現在社会人として活躍されている方を呼び、自身の経験などを生徒さんの悩みと重ね合わせながら交流を深めていました。

質問攻めにあい終了後に声が枯れてしまった講師、終業のチャイムの後も廊下で30分ほど立ち話で延長戦となった講師、講師の話から「なぜ仕事をするのか」を見つけていくワークを実施した講師、キャリアや仕事の話に関わらず友達のように話をしていた講師など、高校生たちと様々な対話がなされました。

以下に、授業後に行われた生徒からの感想文の一部と主催された先生のコメントをご紹介します。

 

<生徒の感想文の一部>

・働くとはどういうことなのか?自分じゃない人の働くとはどういうことなのかを知れて良かったです。

・今回の講演では、今回来られた4名の方のこれまでの経験。今回学んだことは、どんなことでもやってみることが大切だと知った。

・「楽しいよりも、楽しむ!」という言葉が、とても美しいと感じました。「何事も楽しんでやる!」経験あってこその言葉だと思いました。

・今回の講演会で学んだことは、誰でも努力を積み重ねれば、会社に入れる!という事を学ばさせていただきました。就職するために、今回の知識を活用していきたいです。

・仕事は自分で楽しむ事が大事、仕事が慣れなくても仕事を覚えた後、自分はどうなりたいのかが大事

・分からない、自分ができない劣等感→やっと分かった→これをやりたい!ゆっくりと考えることも大切なんだ。楽しむスローガンを自分で考えるのも大切!!

・医者とかの専門的なことを仕事にしたいなら大学や専門学校に通うことが必要になるが、そんなに専門的な仕事をしたいわけでなければ高校卒業でも問題ない会社もあることが分かりました。嫌なことがあるとか自分に合わないなと思ったらよく考えて辞めることもまた1つの意見だと分かりました。仕事にはいろいろあるし、人生にも踏んだり蹴ったりで大変なこともあるけど一生懸命働いていればいいことが必ずあるということが分かりました。マイナス思考でいると体にも心にも重い石がのっかっているみたいな感じになって何もしたくなくなってしまうので考え方によってはどうにでも変われるということが分かりました。この先、不安だなと考えないで軽く考えて楽しむことが大切だということが分かりました。

 

<先生コメント>
・講師の皆さんが非常に良きようにやってくださり、期待した以上に話が盛り上がっていました。もともと、人見知りな子も多く、初対面の社会人の方々ときちんと話せるか心配でしたが、あんなに話せるとは驚きました!

 

今回の授業を通して、高校生一人ひとりがキャリアについて考えるきっかけになったかと思います。
今後も当団体では、当団体の掲げる「人生を変える授業、はじめます」という言葉にあるように、生徒たちにとって人生の記憶に長く残っていくような授業づくりを目指してまいります。

「BONANZA HELLO CAFE」とは?

BONANZA HELLO CAFEとは、「若者が若者に教える」キャリア教育授業です。若手社会人として活躍している非大卒人材を講師として呼び、生徒と講師それぞれが双方向のインタビュー形式で授業を展開し、生徒にキャリアを考えるきっかけを提供することを目指しています。

[1]主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

大阪大学大学院 吉川 徹 教授の顧問就任のお知らせ

この度、学生及び非大卒人材[1] に対するキャリア教育事業等を行う一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(所在地:東京都千代田区、代表理事:古屋 星斗)は、著書に「学歴分断社会」や「日本の分断 切り離される非大卒若者(レッグス)たち」がある非大卒人材研究の第一人者である大阪大学大学院人間科学研究科の吉川 徹(きっかわ とおる)教授が顧問に就任いたしますので、お知らせいたします。

 

 

当団体は、2018年9月13日に設立、同年10月1日より本格的に活動を開始し、キャリアを選択する力の育成を通じて、未来を生きる若者全てが安心・納得して働き、その意欲や能力を十分に発揮できる社会の実現を目指しています。

今般の吉川教授の顧問就任を通じて、当団体では、社会的・学術的見地を含めた多角的な視点から、非大卒人材のキャリア選択に関する情報発信の強化に努めてまいります。

[1] 主に中学校卒、高等学校卒、専門学校卒、高等専門学校卒、短期大学卒や大学中退などの人材

吉川 徹 教授の経歴

吉川 徹 教授

吉川 徹(きっかわ とおる)
大阪大学大学院人間科学研究科 教授1966年島根県生まれ。専門は計量社会学で、計量社会意識論、学歴社会論に関心がある。静岡大学助教授、大阪大学准教授などをへて現職。著書に「学歴分断社会」、「日本の分断 切り離される非大卒若者(レッグス)たち」など。

プレスリリースファイル

「What’s スクール・トゥ・ワーク? vol.11」開催のお知らせ

「What’s スクール・トゥ・ワーク」と題して、当団体の活動概要と活動の背景(問題意識)をご説明するイベントを、毎月第2週目の火曜日と第4週目の火曜日(火曜日が休日・祝日の場合は水曜日開催、イレギュラー開催の場合はご連絡をいたします。)の夜19時30分から20時30分までに定期的に開催いたします。

当団体の活動内容に少しでも興味がある方は、ぜひとも一度遊びにいらしていただければと思います。

【開催概要】
開催日時:2019年5月21日(火)19時30分~20時30分
開催場所:一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(株式会社スーツ内)
東京都千代田区九段南4丁目6番13号ニュー九段マンション301号
https://bit.ly/2QKmsMS
参 加 費:無料
※少人数での開催を想定しています(5名程度)

当日スケジュール
受付開始19:20~
1.スクール・トゥ・ワークの活動概要
2.スクール・トゥ・ワークの活動の背景(問題意識)
3.参加者とのディスカッション

「What’s スクール・トゥ・ワーク? vol.10」開催のお知らせ

「What’s スクール・トゥ・ワーク」と題して、当団体の活動概要と活動の背景(問題意識)をご説明するイベントを、毎月第2週目の火曜日と第4週目の火曜日(火曜日が休日・祝日の場合は水曜日開催、イレギュラー開催の場合はご連絡をいたします。)の夜19時30分から20時30分までに定期的に開催いたします。

当団体の活動内容に少しでも興味がある方は、ぜひとも一度遊びにいらしていただければと思います。

【開催概要】
開催日時:2019年4月23日(火)19時30分~20時30分
開催場所:一般社団法人スクール・トゥ・ワーク(株式会社スーツ内)
東京都千代田区九段南4丁目6番13号ニュー九段マンション301号
https://bit.ly/2QKmsMS
参 加 費:無料
※少人数での開催を想定しています(5名程度)

当日スケジュール
受付開始19:20~
1.スクール・トゥ・ワークの活動概要
2.スクール・トゥ・ワークの活動の背景(問題意識)
3.参加者とのディスカッション